金が足りないから援助してくれ、というう監督の態度も真剣みが感じられず、歯磨き粉が残った

ままの口腔内みたい

先行上映会+ポスター+メイキング映像+サイン入り台本で 20000円

これに発売予定のブルーレイがついて30000円

さらにオリジナルデジタル原画ついて 40000円

エンドロールに協力の名前が出て 50000円

さらに字が大きくなるのか、単体で表記されるのか、特別にエンドロール表示されて15万

法人クレジットが50万で 銀座のシーン 看板に法人名書入れで300万

トータルで1千5百万くらいらしい

露骨でぷんぷん自爆臭が匂うけど、解決方法の一案としてはありだ。

youtubeやSNS展開をうまく活用できないのかなあ

離婚騒動起こしてる どこかの女優よりも下手だろこりゃあ

単純に成功してほしいけど、全く出来上がりを信用できない昭和特撮オタの自分がいます

おととい放送されたウルトラマンダイナ 滅びの微笑内でさえ シンゴジラと張り合うような

カットシーンを村石さんは撮ってるからね(看板ネタも含めてね)

CG云々ではなくてよほどトンガって撮らないと。。。。