先日、とある企業で研究職をされている知り合いとお話をしました。

その人は、「便利な世の中」 の次を研究されているそうです。

どういう事かというと、今の世の中、いろんなものが便利になっていますが、スマホしかり、テレビのリモコンしかり、使いこなせれば便利かもしれませんが、お年寄りなどには手が出せなくなっているそうです。

車の自動運転や、ルンバなどの自動掃除機も、その人いはく、人間にとって、ほんとにそれでいいのか? という便利さだそうです。

都会では、お金の支払い (コンビニ、定期、食事、などなど) カード機能がスマホに入っていて、これも便利なのですが、使いこなせるのは若い人だけのようです。

お金をじゃらじゃら持ち歩く人が減ってクレジットカード現金化が増えて、いろんなカードも集約されて、すべてがスマホに入ってしまっている人もいるようです。

そんな時代に、その人は 「顔認証」 や 「声認証」 などのセキュリティーの開発をしています。

お年寄りなどが、複雑な操作無しに、且つ、万全な安全性を持って、いろんな機能を使いこなすようにするためには、AIを活用した、そういう開発が必要なのだそうです。